インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の大三角形
昨夜は小学校の夏休み最終日。

娘の夏休みの宿題で唯一できていないのが、星座を見てレポートを書くこと。

ここのところ天気が悪く、お盆の帰省時も晴れ間が少なかったことが原因。

最終日にようやく晴れたので日が落ちてから外に出る。

自宅周辺は夜でも明るく、星の観察には全く不向きな都会である。

小生幼少時は、星がよく見える地方都市だったので、北斗七星やらなんやらと星とのつきあいがあった。

都会のマンション暮らしは、星との距離を遠ざける。

残念だが、別なメリットで挽回するしかない。

昨夜見えた星は、結局4つ。

学校からもらってきた教材によると、そのうち3つは夏の大三角形と呼ばれるもの。

このような言葉は知らなかったが、こと座のベガ(おりひめ)、わし座のアルタイル(ひこぼし)、はくちょう座のデネブの3つの星を結んだもの。

七夕の舞台といった感じか。

もう一つ、南の空に明るい星があったが、これは惑星か。

教材によると木星?

でもこんなに明るい?

貴重な4つの星に感謝しつつ、とりあえず大三角形のことをレポートして宿題を終える。

星をちゃんと見せてやらんといかんね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。