インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪都構想
大阪の橋下知事が提唱している”大阪都”構想をざっと勉強してみた。

大阪都構想とは、現在の府と市の行政単位を解体し、大阪市を中心に、小生も住んでいる吹田市や豊中市などを巻き込んだ20区ほどの特別区からなる「都」に再編するという構想。

名前の通り、東京23区をモデルとした仕組みであり、それぞれの区長・区議は選挙によって選ばれる。

賛同者もいるが、平松大阪市長から「妄想」呼ばわりされたり、岡田民主党幹事長から「地方主権に反する」と批判されている。

小生の理解した論点は下記3点。

(1)大阪府と大阪市の行政が重複していている非効率解消

(2)270万人の政令指定都市に”自治”を導入

(3)東京一極集中から脱する道州制への展開


■(1)大阪府と大阪市の行政が重複していている非効率解消

大阪府は大阪市と堺市の2つの政令指定都市を持つ。

政令指定都市はほぼ都道府県と同じ行政の権限が与えられていて、独立性が高い。

それぞれが独自に生活インフラや施設を企画し、建設する。

そうなると図書館や体育館も重複してできる。

仕事柄よく使う図書館も、近所に府立と市立がある。

それぞれ特徴はあるのだが、一つであればより便利。

ただし、オフィスに近いところにという条件で。

都道府県と政令指定都市の重複は、別に大阪に限ったことではない。

でも、北海道と札幌市のダブり感が問題になっているとは聞いたことがない。

札幌と札幌を除く北海道との環境の違いは歴然で、行政を分ける意味はありそうだ。

政令指定都市制度は、その他の都市から突出しているときに有効に機能する。

大阪が特に問題になるのは、周りの市との差が小さく、府と市のダブり感が強いからだろう。

そもそも大阪府の面積は都道府県の下から数えて2番目。

そんな小さいところで府と大阪市と堺市がそれぞれ勝手にやってどうするんだ、もっと全体眺めて効率的に資源配分しようということだ。

重複感を避ける事に関し、「都」構想への対案は、そもそも政令指定都市は勝手にやるのだから、府の守備範囲から完全に切り離そうというもの。

重複を無くすにはそりゃそうだが、それでは東京のような統一的なコンセプトを持った広域都市機能ができないというのが「都」陣営の再反論。

それに対する平松市長の反論は、広域は府の単位じゃなくて京都や兵庫も含むでしょ、先にもっと近隣府県と連携してください。

よって、単なるダブりの解消を超えた(3)の道州制の論点に展開する。


■(2)270万人の政令指定都市に”自治”を導入

政令指定都市には区があるが、区長は選挙によって選ばれるのではなく、役人の人事異動で2年ごとに変わる。

結果、大阪市270万人の市政において、選挙で選ばれるのは市長ただ一人。

「民意」を背負った一人のトップが270万人に目配せするのは不可能で、これでは自治とは言えないだろう、という論点。

諸研究によると、30万人くらいに一人の首長が良いようだ。

よって、30万人×20区くらいに分割して、それぞれの区長は選挙で選ぶべきだというのが「都」構想。

これに対する反論は、そんなことしたらそれぞれの区に必要な機能が重複して、行政が非効率になりますよ。

また、区議選挙もするので、議員がめちゃくちゃ増えますよ。

区の自治というが、結局府に権限を吸い上げる中央集権の思想でしょ、という反論も。

自治の理念とは何か、権限の集中と委譲はどのようなシステムが最適かという、大阪の問題というより理念の問題だ。

のんびりした大阪にはもっと身近に議員さんがいて街のあり方を議論した方がいいと思うので、これについては小生「都」構想を支持。


■(3)東京一極集中から脱する道州制への展開

「都」という言葉が象徴するように、橋下さんの根底にはこれがある。

東京の永田町と霞ヶ関が日本全国の基本構想をつくるのではなく、州ごとに金と企画の独自性を持たせようという大きな構想。

大阪を東京に匹敵する「都」にして、その流れで関西にもう一つの極をつくろうということだ。

根底では、平松市長ともこの点については方向が同じように感じる。

彼は、そこに行き着くプロセスとしての「大阪都」には反対という立場を取る。

関西に漂う傍流感、のんびり感、あきらめ感を思うと、小生のような外様の移住者にはこのくらいの大構想が良いと思う。


「都構想」は、制度だけ変えたって何も変わらないとか、知事が押しつける身勝手な構想とか、構想としてのお行儀はあまり評判よろしくない。

でも、保守的に何もしないことのリスクの方が高いと感じる一つの民意をここに記したい。
スポンサーサイト
食糧自給率
宋文州さんのツイッターで気づいたのだけど、日本の食糧自給率向上政策を疑い始める。

TPPやFTAといった自由貿易連携の障害に食糧の関税問題がある。

農産物の関税を下げないので、報復的に日本の得意な工業製品の輸出が妨げられている。

知識人っぽい人たちはどうも自給率向上政策には反対の論調が多い。

そもそも規制をかけるなんて自由主義の精神に反するという規範的価値もどうやら入っている。

一方で最近飲んだ立派な企業の友人は、食糧は大事だから安易に解放すべきじゃないと言っていた。

賛否両論あるし、当事者には当事者の事情があるし、門外漢がおいそれと口が出せない話なのだろうが、日本人の経済活動に大事な話なのでにわか勉強したことを記す。

論点は、
①そもそも自給率が低いのかという問題
②食糧安全保障の問題
③国内農業の保護の効果
と理解する。

根本的に①はかなり議論があるようだ。

農水省が示す日本の自給率は40%で先進国最低水準なのでイカンという見解。

ところがこれはカロリーベースという独特の指標を使っており、これがくせものという批判だ。

『日本は世界5位の農業大国』(浅川芳裕著、講談社)によると(読んでないけどこちらの受け売り)生産高ベース(こちらの方がピンときますね)では66%で別に見劣りしないそうだ。

畜産物は飼料が輸入だと自給にカウントされないというカラクリもあるらしい。

そんなこと言い出すと、そもそも自給率の低い日本人が栽培した作物も自給にカウントしないとか大変なことになりそうだ。

何とかスコアを低く見せたいための策略じゃないかという指摘だ。

この指標の問題は専門家の方々にちゃんとして欲しいところだが、そもそも自給率が低いことが悪いのか、という根本問題がある。

そこで「②安全保障」の懸念になる。

食糧の輸入先と紛争が起こったり、異常気象や供給国の人口爆発で世界的に供給不足になったら食べるものに困るでしょ、ということだ。

石油やレアメタルはもともとないものなので輸入に頼るのは仕方がないが、食糧くらいは外国に頼らず、籠城責めにあっても暮らしていけるようにしようと。

これも石油や肥料の輸入が止まってどこまで農業が可能だと思ってんだ、あほちゃうか、という批判的意見がある。

ま、日本は北朝鮮のように孤立したらそもそも生きていけないので、それは政治的にあり得ない。

そこまでいかずに食糧の輸入先とケンカするシナリオがどこまであるかだが、のんびり暮らしている日本人にはイメージできない。

国民対象のアンケート調査では、自給率が高い方がよいとの結果出ているが、そりゃそっちの方がベターと言うことで、トレードオフを前提とした意思決定の情報にはなり得ない。

どうも安全保障としての論陣も分が悪いようだ。

食糧安全保障という大それた問題じゃなくて、輸入解放したら農業壊滅するよ、という保護的な③の見解もある。

これは、産業としてダメになって取り返しが付かないという経済面の議論と、安い外国もんに席巻されて日本の食文化がだめになるという懸念がありそうだ。

でもどう考えても有機農法とか産地直送とかに関心が向かっている日本の消費者が、安いだけで外国産になびくわけがない。

加工食品メーカーだって、リスク回避のために購買先を分散するだろうから、全量を輸入に頼るとは思えない。

日本国内でものを食べる消費者がいる限り、日本の生産地は一定の立地的な競争優位があるだろう。

しかも日本人は不味いものは嫌いなのだ。

ということで、にわか勉強の結果、関税を高くして食糧自給率を高める策には賛同できないという仮説に至った。

しかしこれ、ここに挙げたような論旨で普通に考えたら同じ結論になるはずだ。

賢くてよく分かっている日本の政府が考えると違う結論なるということが驚きだ。

きっと何か議論に欠落している重大な要素があるに違いない。

選挙の票集め?

農水省が自己保身のために危機を煽ってるだけという、分かりやす過ぎる話だったら相当怖い。
ノアの箱船
護送船団方式という言葉が死語になってどれほど経つでしょう。

そんな悠々とした航海が許された時代があったことさえ、今のビジネスでは忘れ去られています。

もはや穏やかな海を宝を乗せた船が静かな波を立ててやってくる初夢は見ることができません。

でも、そんな宝の船がアジアの西南に向かっているという噂があります。

いやいや、実は手のひらに収まる携帯端末の中に潜んでいるという説もあります。

そのまばゆい船を追いかけて慌ててこぎ出す船はたくさんあります。

今日のニューイヤー駅伝のようにかなりのダンゴレースになっています。

一方で、周りから見向きもされない山を目指す人もいます。

だれにも注目されず、人知れず集めた仲間とともに、確信を持って目指す頂きに歩を進めます。

そんなノアの箱船が意外と生き残るかも知れません。

多数が群がる目の前の宝船を追いかけるのは止めて、粛々と自分の定めた山を目指す。

こういう心持ちで2011年に挑もうと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。