インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天は二物を与えませんが
勉強はできるけど、ゲームセンターの一つも行かずに、つきあいの悪い高校生。

美人でスタイルは抜群だが、ジコチューで友達のいない女子大生。

仕事はできてボーナスもしっかりもらっているが、飲み会にも社員旅行にもいかない勤め人。

会社の業績は好調だが、女癖が悪く、社員に煙たがられる二代目社長。

料理の腕は一流だが、カウンター越しに一言もしゃべらない料理人。

視聴率は取るが、楽屋でスタッフを殴りつける芸能人。

左側が評価基準である以上、右側は目をつぶらないと仕方がない。


社員旅行では宴会部長だが、販売成績がさっぱりな営業マン。

気は優しくて力持ちだが、優柔不断な村長さん。

言語明瞭だが、言ってることが意味不明な政治家。

料理はうまいが、客の前でスタッフをしかりとばして客が寄りつかないオーナーシェフ。

これらの場合は右側の方が大事だから、その人の立場は危うい。


そんな感じになりつつあるんじゃないかなあ、落合監督。
スポンサーサイト
日本代表
素人ながら、日本代表のサッカーは強くなったと思う。

見ていて面白いからだ。

1年前の試合とは明らかに違う。

スカパー!でバルセロナやプレミアリーグを見る機会が多いが、そんな目でも代表の試合は面白い。

今年のワールドカップで強さの兆しを感じ、新たな代表メンバーで希望が生まれている。

日本代表の成長曲線の傾きが変わったのはワールドカップだろうが、そこで突然変異が起こったとは思えない。

Jリーグの継続的な努力、指導メソッドの進化、サッカー協会のマネジメントなど多くの要素が重なり合って今があるのだろう。

つい4ヶ月前はこれらが全く評価されていなかったことを思うと、分からんもんやなあと思う。

成長のポテンシャルがじわっと蓄積していて、それが花開きつつあるのだ。

話変わって小学生の我が子。

中学受験はしないが、せっせと塾通いをしている。

自分の子供の頃の教育環境と比べても随分進化している。

個人指導の塾も人気のようで、脳を鍛えるメソッドもここかしこにある。

教育環境だけ見ると、親子でJリーグ前と後ほどの開きがある。

この状況を基に推論をすると、サッカー日本代表のようにいつか日本人は飛躍的に賢くなるのではないか。

と言いながら、大学授業の経験や知人の人事担当者の意見によるとそうでもなさそうだ。

これは日本全土的に悲観的だったワールドカップ前の状況と同じなのか。

これから本田が現れ、香川が現れるのか。

ビジネスの引退年齢はサッカー選手より30年は遅いので、私もまだ代表入りを狙って精進しようと思う。
デジイチを久しぶりに手にして
子供の運動会の楽しみの一つは、あまり出番のないデジタル一眼を使うことができること。

ダブルレンズキットの長い方を装着して競技に備える。

久しぶりに使うので、露出の補正や連射の機能など、説明書を事前に読む。

スポーツモードというので撮れば良さそうだ。

どうも「○○モード」で撮るのは「負け」のような気がするが、少なくともそのモードがどういう設定になっているのか知っておこう。

機能が豊富なだけに、操作は結構分かりにくい。

ベンチマーク対象はリコーのGRデジタル。

こいつはシンプルでカメラ心をくすぐるようにできている。

リコーのエンジニアと対話をしている感覚がある。

こういう使い方がいいですよ、なるほどそうですよね、という阿吽の感覚だ。

一段明るくしたいときありますよね、そのときはこのボタンでほら、とか。

エンジニアがこだわりの基に開発している気配を感じることができる。

エンジニアのニヤニヤ感が共有できるのだ。

デジイチはKISSというエントリー機だからかも知れないが、こういう対話感がない。

エンジニアに使い方を尋ねても、これもできるしあれもできるという返事しか聞こえない。

エンジニアは理屈で機能をねじ込んだが、きっとニヤニヤはしていない。

だからこちらもあまりニヤニヤしない。

速いオートフォーカスとか、連射スピードとか、そういうスペックがこの機械の存在価値だ。

たまに使うのは楽しいのだが、自分との一体感がない。

単に自分はターゲットでなかったということかも知れない。

しかし、「マーケティング3.0」などで言われていて、かつ自分でも実感することは、消費者はモノの機能を使うだけでなく、モノを通じて開発者と対話がしたいのだ。

開発者や企業のアイデア、こだわり、思想を感じたいのだ。

「ほら、この操作感いいでしょう」「そうですね、ここにボタンがある方がいいですよね」

マーケティングの教科書は顧客ターゲットを絞り込めとある。

顧客像をリアルにすることで、マーケティングミックスの整合性が取れるからだ。

顧客側も、リアルな開発者像を想像したい。

そして、こいつ分かってるな、とニヤリとしたい。

製品の利用を通じて、リアルな開発者とリアルな顧客が対話する。

モノはそのようなことを実現するための媒体なのだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。