FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
サスティナビリティ
ディスカッションの中で、サスティナビリティという言葉が出てきた。

継続性、持続可能性といった意味である。

企業が顧客価値を継続的に提供し続けられる可能性を持っているか、という視点である。

顧客に支持されることが、企業存続の第一条件ではあるが、それだけでは継続した企業の継続には不十分である。

利益を上げられること、というのも一つの条件である。

それ以外にも、原材料を仕入れ続けられるか、ということもある。

レアメタルに依存しているようなビジネス、農作物を原料としているビジネスでは、ここがボトルネックである。

従業員に対しての取組、社会全体への取組も重要だ。

社会に対しては、環境に対する配慮が俄然注目の的になっている。

企業の社会的責任という言い方もあるが、これらが揃っていないと、市場から退場を命じられるという危機感の方が経営的にはピンと来る。

株主至上主義、顧客至上主義と言ったはっきりとした考え方は分かりやすい。

サスティナビリティという複眼的な思考は弱々しく聞こえるが、時代の関心事は、はっきりとこちらに向かっていると思う。
スポンサーサイト