インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若者の雇用問題
昨日、関西経営労務研究会の例会に参加。

若者の就業環境、就業状況について議論。

おかださんのレジュメによると、若者とは15歳~35歳を指す。

20歳から24歳までの非正規雇用比率(いわゆるフリーター)は3割を超える。

小生の身の上もフリーターとそう変わらないと思っているので、大いに関心を持っている領域である。

この若者達に、低賃金と雇用の不安定さが直撃している。

コンビニや飲食店など、すぐ働ける場がたくさんあるばかりに、我慢や忍耐や根性を養う場が少なくなっているのだろう。

もちろん、人を使い捨てではなく、人財教育投資を含め人を大事にする経営が期待される、という全体議論には両手を挙げて賛成。

しかし、経済合理性から考えると、経営者が労働分配率を急に上げる可能性は低い。

比較的定型的で、低賃金の労働需要は必ずある。

少し前までは、「一般職」との名の下に、主に未婚女性がその需要を満たしていた。

結婚退社という習慣も、労働力の循環を担保していた。

女性の勤続が長くなり、当たり前のように管理職に就く現在、その部分を担う労働力が、性別に関わらない「若者」となり、社会の矛盾として顕在化してきた。

米国ではヒスパニック系などの移民がこの部分をカバーし、日本でもアジアからの移民が増えていくだろう。

見方を変えると、それほど技能を持たない人が働ける場がたくさんあるのが日本である。

アフリカなどの経済基盤の乏しい国からすれば、これはすばらしい状況である。

良い社会か、悪い社会か、その判断軸は相対的なものだ。

さて、人を大事にする経営を促進するにはどうしたらよいか?

一案としては、資本市場の健全化のためにディスクローズが義務づけられているように、労働市場に向けても何らかのディスクローズが必要なのではないか。

どのように教育投資をしているか、どのようなマネジメントをもって成果評価をしているか。

こういうことをオープンに議論していけば、企業経営者の人的資本に対する感度も上がっていくと思う。

お金より人の方が大切なのだから。
スポンサーサイト
ドイター社 トランスアルパイン25
自転車通勤に使っているORTLIEB社の"SLING-IT"の容量が限られていて、仕事資料の持ち運びに不都合が出てきたので、大容量のリュックを購入。

ドイター社のトランスアルパイン25。

背中がビショビショにならないようになっていたり、いろんなところの設計が機能的。

着替えと仕事道具を分けられるし、小さなポケットもたくさんある。

以前背負っていたOUTDOOR社のものより格段につくりがよい。

"SLING-IT"のショルダータイプとは違い、両肩で背負えるのでバランスも良い。

さらに、これだけ大きいと「通勤」ということが明示的で、亀のように走っていても言い訳ができるような気がするので、気が楽。

購入場所は梅田駅前第2ビルの石井スポーツ。

圧倒的品揃えで、機能性バッグを検討されている方にはお奨めです。
セレブは自転車
エコな世の中にあって、自転車はハリウッドのセレブ達に人気らしい。

ガソリンを消費して排気ガスをまき散らす乗り物は時代遅れとのこと。

時代の先端を行っているのが自転車だ。

そんな時代環境を背に、梅雨の合間を縫って自転車通勤。

いつもより少しだけスピードが速く、疲れも少ない。

風向きのせいだとは思うが、体力が向上したとも思いたい。

こんな調子でいけばもっと遠くに行けるという期待が出てくる。

セレブ感覚を意識しながら、頑張ってもっと乗る機会を増やして行きたいと思います。
クロスウォーカー
履いて歩くだけでおなかが引き締まるというワコール社の「クロスウォーカー」が、日経の上期ヒット番付の前頭に入っていた。

ヒット番付の横綱は「糖質・糖類ゼロ」で、メタボ系需要は旺盛だ。

そういえば、ひらのさんがなんと4着持っているとおっしゃっていた。

小生は持っていないが、歩くだけで効果があるというふれこみは興味をそそる。

ワコール社は、愚直に製品開発戦略で歩んでいるが、その真骨頂のような商品である。

ワコール社内ではなんとしても男にガードルを履かせたい、という議論があったが、メタボブームで、遂に念願かなったようだ。

スピード社の水着もそうだが、衣服に機能を持たせる、という分野はまだまだ伸びる。

さてクロスウォーカー、人間以外にも領域を広げられるのではないか。

ペットに?

それは十分考えられる。

さらに、人間に効くなら工作機械やロボットにも着せられるんじゃないか?

これを着けると部品の消耗が減少して、メンテナンスフリーになりますとか。

デジタル全盛の世の中、アナログな繊維製品が注目である。

ビジネスパーソンの三叉路
私たちビジネスパーソンは、「(1)今の会社にとどまる」か、「(2)転職する」か、「(3)独立する」かの三叉路に常に立っている。

これらの選択肢が目の前にあり、意識的、無意識的にかかわらず、結果的に常に選択を行っている。

特別な意志決定をしなければ(1)であるが、常にそれは(2)と(3)の否定形である。

だから、(1)を豊かに生きるためには、(2)と(3)の可能性を常時意識して、その結果(1)を積極的に選択している、という判断プロセスが必要になる。

今の会社でよりよく仕事をするためには、転職と独立を本気で考えることが大事だ、という逆説的な主張である。

会社への忠誠心が高い人は、(2)(3)は考えもしない。

ところが、それでは本当に(1)にコミットしていることにはならない。

「自立型人財」とは、(2)(3)をポケットに入れて、常に取り出せるようにしている人である。

自立している人は、組織からの遠心力が働いている人だ。

会社としては(1)であって欲しいので、そのために「やりがい」や「賃金」を提供する。

その引力の強さと、遠心力が引き合っているのが会社である。

互いの力が強いレベルでバランスしている会社が理想である。
ホイジンガ『ホモ・ルーデンス』
仕事にも遊びの要素があれば、もっといきいきと働けると考えている。

ホイジンガの『ホモ・ルーデンス』を読み始めた。

ナムコ社は、「人間は遊ぶ存在である」という、この本から取った言葉を企業の「信念」にしている。

娯楽産業だけでなく、働く人すべてにこの言葉を適用するべきである。

かじり読んだ部分によると、

遊びとは、

(1)あるはっきり定められた時間、空間の範囲内で行われる自発的な行為もしくは活動である。

(2)自発的に受け入れた規則に従っている。その規則はいったん受け入れられた以上は絶対的な拘束力を持っている。

(3)遊びの目的は行為そのもののなかにある。

(4)それは緊張と歓びの感情を伴い、

(5)「日常生活」とは、「別のもの」という意識に裏付けられている。


ビジネスに置き換えると、

(1)期限付きのプロジェクトに自らの意志で参加する。

(2)強くコミットされた目的を持っている

(3)仕事のプロセスそのものに発見と成長がある

(4)適当にだらだらやるのではなく、評価とダメだしが明確

(5)本業から離れた、特別なタスクと位置づけられた仕事


などなどになろうか。

CSR花盛りで、世の中優等生志向が甚だしい中、「遊び」を掲げたマネジメント論を考えていきたいと思う。
流通革命
松下電器産業のようなナショナルブランドは、戦後まもなく、小売店での価格競争を避けるために小売店を系列化した。

現代に続く「ナショナルのお店」である。

製品の優位性に自信があったので、正価で販売する流通経路を自前で持ったのだ。

産業革命で経済発展の原動力となった製造業が、流通においてもイニシアチブを持った。

その流れがあって、量販店には卸さない時期が長かった。

ダイエーとは1964年から、30年間争いが続いた。

構図としては、正価販売にこだわる巨大メーカーと、庶民の味方大型スーパーである。

この勝負、見かけ上は庶民の味方が勝利したようだ。

現在のヒーローはイオンやセブンイレブンなどのプライベートブランドである。

NBを見せ球にしながら、PBで実利を取っていく。

NBの象徴メーカー、味の素もPB製造に乗り出すことが新聞に載っていた。

これから、スーパーの店頭では、多くのスペースをPBが占めるようになるだろう。

ナショナルブランドはじり貧なのか?

ナショナルブランドは、大手スーパーの販路を避けるように、地域限定の土産物屋や、ネットやTVショッピングにもっと力を入れていくだろう。

歴史は決して止まらない。

イオンやセブンイレブンが強すぎるように見える現在、次の流通革命の芽がどこかで出ているに違いない。
しまった!
ミスをしてしまった。

ネットで新幹線を予約したら、日にちをまちがった。

来週のはずが、今日の予約になっていた。

時間や座席の場所ばかり見ていて、肝心の日付のところを見ていなかった。

予約の時間が迫っています、というメールを受け取って気がついた。

しかもメールを見たのは電車が出てから。

これからは画面に指さし確認をしよう。
CD5枚入荷!
スパイラルのかせさんに見つくろっていただいたCD5枚がオフィスに届く。

付けていただいた手書きの解説を独り占めするのはあまりにももったいないので、下に記します。

若干の小生コメントも少々。


(1)Al Green / Lay it Down

70年代ソウルのスーパースターAl Greenの新作で、ここのところ中途ハンパに今っぽく作られたアルバムを作っていたのですが、今作からプロデューサーを変えてモロに当時の音づくりに近い感じのアルバムとなり、やっぱりこの人はこの感じがサイコーです。

→一口食べるとなんだこれは?というブルーチーズ的風味。慣れるとたまらなく癖になる。通向きの1枚。(す)


(2)Conrad Herwig / The Latin Side of Wyne Shorter

N.Y.のラテン系Jazz MusicianたちによるJazzジャイアンツ、ウェイン・ショーターのカバー集です。これから季節もあたたかくなってくるのでちょっとラテン風味を効かせつつ、暑くるしくない、いい感じのテンションです。

→かっちょえー!これはストライクゾーンの広い創作料理。すべてのおじさんにお奨めします。(す)


(3)Naomi & Goro / Bossa Nova Songbook 1

正当なBossanovaをうけつぐ数少ない邦人デュオによるBossanovaの名曲のカバー集です。とても風通しの良いさわやかなアルバム。

→どこまでも爽やかなボサノバ。清涼感たっぷりの一品です。こてこてのブルーチーズの後にさっぱりしたい方に特にお奨め。オフィスにバッチリです。(す)


(4)Omara Portuondo e Maria Bethania

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブに参加していたOmaraとブラジルの人気シンガーという、キューバとブラジルのおばちゃん・ツイン・ボーカル作品。キューバとブラジルそれぞれの伝統的な楽曲がモダンにアレンジされ、深みのあるボーカルをひきたてています。

→歌がうまい!このおばちゃん二人に惚れた!逆母性本能(息子本能?)くすぐられ、おじさんが猫のように大人しくなります。ジャケットも綺麗なアート作品。イチオシです。(す)



(5)Yuki "Alani" Yamauchi / Na Mele O Hawai'i E 'Alani vol.1

独特のチューニング方法を用いるハワイの”スラックギター”の日本人としては第一人者にあたる山内雄喜氏によるハワイの伝統的な楽曲集。これを聴いていれば厚さもふき飛ぶ極上ゆるめサウンドです。

→ゆるい!今年の夏はこれで癒されよう!ハワイの音楽って沖縄にも似てるなあ。暑いところはこういう旋律になるんでしょうか?(す)


お求めは、是非spiral recordsで。
ブロック経済
石油や穀物価格の高騰が止まらない。

社会生活の影響も大きいが、製造業のコストプッシュも問題だ。

もちろん、巡り巡って家計が負担することになる。

ビジネスの論理でいけば、例えば鉄鉱石が必要なら、オーストラリアの鉱山会社に投資をして、垂直統合しようという発想になる。

世界中のあらゆる企業とつながることができるわけで、企業は市場環境に応じてさまざまに姿を変える。

ただし、国のレベルで食料品輸出を規制したりすると話が変わってくる。

食料サミットで福田首相は輸出規制の風潮に反対したが、貧しい国々は高値で買ってくれる外国企業より、自国民の胃袋を大事にするのは当たり前なので、規制の機運は高まっていくだろう。

そうすると、今後はEU内ならOKとか、地域の「くくり」の問題が出てくる。

資源を持っている国と仲良くなって、経済圏をともにしようと言うことだ。

第二次大戦を引き起こしたブロック経済の発想に近くなる。

日本の戦争も、資源をどう確保するか、ということが根本原因だったと思う。

アメリカとの開戦も、石油の輸出を止められたことがトリガーだった。

今日、ビジネスでM&Aとかアライアンスという言葉で語られているようなトーンで、インドシナを手に入れようとか、アメリカの弱みを攻撃しよう、という議論がされていたに違いない。

イラク戦争も石油の利権問題という解釈をすれば、国が経済のメインプレーヤーになるとき、戦争という手段が現実的になる。

やはり、最初から戦争というカードがある国とない国では、戦略の立て方が根本的に違ってくる。

自分が生きる国は、後者であることを願う。
スピード社
スピード社の水着はやっぱりすごかった。

これだけ日本新記録が出るのは、まさに統計的優位というやつだ。

この水着が日本製だったらどうなっていただろう。

日本選手団の秘密兵器とかで、他国には売らないなんてことはあり得ただろうか。

そうなったらこの水着はルール違反じゃ、とアメリカから言われそうだ。

ジャンプやノルディック複合は日本が強くなる度にルールが変わって、日本が不利になった。

ルールは人間によって、柔軟に(恣意的に)変えられる。

ルールを神聖化してそれにあわせることばかりを考えている優等生が勝てるとは限らない。

それは一種の思考停止だ。

今僕らが考え、行動している暗黙のルールは何か。

そのルールで勝てそうにないとき、ルールを変えてしまえないか。

ベンチャー企業の典型的成功パターンはこれである。
中一時代
昔、中一時代とか中一コースという雑誌があった。

中学に入るとたいていの人が買った。

既にどちらも廃刊になっている。

そのときの表紙は誰だったか、というのが本日の話題である。

以前もブログで触れた話題だが(サイト内を検索して確認!)、小生の時分は、山口百恵と桜田淳子。

まさに時代の顔ですね。

今なら誰なんだろう?

ネットで検索してみると、昔の「時代」「コース」がオークションに結構出ている。

そこで得た情報によると、

77年 岡田奈々
79年 榊原郁恵
80年 甲斐智恵美
81年 河合奈保子
82年 伊藤つかさ

なんて方々が表紙を飾っている。

さて、あなたの時はどなたでした?(30歳以上の方限定質問)
工場のフランチャイズ化
180円の激安靴で有名なヒラキのVTRを見る。

以前、常務さんのお話を直接聞く機会があり、背景情報を持っていたので、興味深く見た。

3年ほど前の映像で、中国の反日感情が高まっていて、元も切り上げられるというので、ベトナムに新たな工場を探すストーリー。

英語が流ちょうで賢そうな女性がいる工場は、原材料を日本から輸入しているので、原価的なメリットがない。

次の工場は、整理整頓がまったくできていなく、ヒラキの担当氏いわく「良いところが一つもない」

ところが、製造ラインから仕事の仕方まで、全く変えてもらって構わないとのことのなので、取り組みを検討する。

その後の経緯は分からないが、工場のオペレーションも、フランチャイズ化しているのだと思った。

仕事のやり方は、本部のノウハウを適用し、現地のマネジャーは人財採用と労務管理をする。

現地の工場と組む、ということは、その技術力ではなく、労務管理力を手に入れると言うことだ。

コンビニや飲食店では、メガフランチャイジーという店舗運営を主に行う規模の大きい企業が存在する。

工場の世界でも、労務管理を武器にしたフランチャイジービジネスが有望かも知れない。
エクストリームリミット社
工人舎のモバイルPCを使っていると、何かと話題になる。

ギア好きの心をくすぐるたたずまいがあるのだろう。

仕事にも大いに使っていて、能率が上がっているので申し分ない。

このようなギアには、革製のスーツを着せるのが小生流である。

工人舎のサイトに行くと、純正の革製ケースがあるのでそれを発注。

すぐ届いたので喜んで着せてみると、どうにも不格好だ。

絶対に使わないであろうハンドストラップもついている。

フラッシュメモリのスロットも塞がれていて、設計思想を疑う。

膝上で使うと、ふたの部分がビロンと下にたれて何とも格好がつかない。

ダメである。

シグマリオンに着せていたスーツが満足度高かったので、記憶を頼りに検索すると、工人舎にもしっかり対応していた。

エクストリームリミット社である。

仕事の気分を左右するものなので、出費になるがエイヤで発注。

そして本日届く。

抜群にヨロシイ。

同じスーツでもこうも完成度と雰囲気が変わるものだと感心する。

エクストリーム社には、レッツノートなどの革製スーツもいろいろとある。

かなりそそられている。

パソコンで差をつけるなら、これである。
ジャン・ボードリヤール『消費社会の神話と構造』
1970年に発表されたボードリヤールの『消費社会の神話と構造』(今村仁司・塚原史訳、1995年、紀伊國屋書店)を読む。

巷のビジネス書とは違って、エラく難しい本だが、たまにこういうのを読まないと、頭の隅にすすがたまるので、頭の掃除によろしい。

一言で何が書いているかを説明することは残念ながら現時点の能力を超えるが、MBA的教科書のマーケティングセオリーとは全く異なる切り口の本である。

消費は自由意志に基づく行為ではなく、「強制された制度」であること、

製品の持つ便益ではなく、消費者が知覚する記号的差異が消費の本質であること、

暴力(無気力、鬱なども)が強制された豊かさ(経済成長)に起因すること、

など、議論を巻き起こす論点が満載である。

普通のビジネス書に面白さを感じない人にはよいと思う。

「成熟」した商品を扱っているビジネスマンであれば、ひょっとしたら実務的な示唆を得られるかも知れない。


「消費社会」を製品市場だけでなく、労働・雇用・キャリア・育成に適用して考えるのも有効だ。

とは言え、実用性を求めて読む本ではない。

フランス人の文章はシニカルで小難しい。
ジャン・ボードリヤール『消費社会の神話と構造』個人メモ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。