FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スパム
ここ1ヶ月ほど、英語のスパムメールが頻繁に来る。

ここに書けないようなことも含めて、特に何かをした身に覚えはないので、どこでどうやってアドレスを入手されたか不明である。

当然すぐ削除しているが、1行でこういう風に表現するのか、と妙に感心したりする。

さっき来たのは、「ジェームズ・ボンドもこの薬やってるんだぜ」みたいな文面だった。

一時、日本語のスパムをタイプ別に分類していたことがあった。

「真っ向勝負系」とか「ビジネスメール系」とかのカテゴリーに分け、戦術の知識習得に役立った。

知的好奇心の強い人には、そのようなスパムの活用方法もおすすめである。
スポンサーサイト