FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スキップ購読中止
少し前のブログで絶賛した、ダイヤモンド社『ハーバード・ビジネスレビュー』のスキップ購読。

年間契約すると、読みたくないタイトルの号は6回までパスできるシステム。

内容が専門的なので、自分の領域外のテーマだと全く読む気がしないという雑誌の特性に合った良いシステムでしたが、なんとこれが中止になるという通知。

年間契約そのものを解約するか、普通に毎月購入する契約に移行するかのどちら。

多分そう言うことなのだろうけど、通知の文面が分かりにくい。

購買意思決定をしたクリティカルなファクターがなくなると、なんだかとてもがっかりです。

ま、結局は毎月来る方を選択するのですが、騙されたような気がしますね。

オペレーション的にそんなに難しかったのかな。
スポンサーサイト