FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
ソニー製のパソコン用電池がリコール
ソニー製のパソコン用電池が発火の恐れがあるとのことで、デル社が回収すると報道されています。デル社だけでなく、HP社アップル社も同社電池を使っていると言うことで、対応が注目されています。

ひょっとしたら小生のMacBookも対象か? どうりで熱すぎると思った・・・って、まだ決まったわけではありませんが、そう勘ぐってしまいますね。

「デジタル世界」が進化し、ソフトがどんどん高度になり、ネット上を走るファイル容量が大きくなっています。そうなると、CPUが高速になって消費電力が増え、CPUの冷却装置やバッテリーといった「アトムの世界」がボトルネックになってきます。

製品開発は、理屈で実現可能なことを、実用に耐える姿形に”本当に”実現することです。パソコン業界は、理屈先行が勝り、リアル世界での適用に無理が生じているのかも知れませんね。

スペック競争が一段落し、ディスプレイ、マウス、キーボードなどのアナログ部分がこれからの争点になりそうな予感がしております。

アトム界の逆襲がはじまりそうです。
スポンサーサイト