FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
『PEN』
『PEN』という雑誌を久しぶりに購入。気分転換に事務所近所の本屋でパラパラとめくったら面白そうだったので。

「広告のデザイン」という特集が脳を刺激してくれました。

広告はマーケティングの4Pでいうと"Promotion"の中のさらに一手段だけど、重要性はかなり高い。社会とのコミュニケーションの最前線にあるわけですから。

しかも広告クリエーターの才覚に左右される「水物」。これを舵取りするのは容易ではありません。

商品作りました、さあ、店頭に出るまでの期間内に代理店をコンペして、まあいろいろ事情もあって今回はここに発注しようか、てな事務的なオペレーションの域は完全に超えています。

この社会とのコミュニケーションのありようを、代理店任せでなく、いかに主導的に進められるか。コンセプト-言葉-デザインをどのような議論を経て鍛えるか。

かつて花形だった宣伝部が、単なる広告代理店窓口になってしまって社内の位置づけが低くなった企業があります。小生知っているその会社、元気がありません。

ハートのある宣伝部門、しっかり育てるべきだと思います。
スポンサーサイト