FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
お相撲さんは日本語が上手い
大相撲、それほど関心があるというわけではないのですが、新大関白鵬関が優勝しました。来場所横綱かな?

それにしても、外国から来たお相撲さんは日本語が上手い! 今までお相撲さんに通訳ついてるのは見たことがありません。

相撲と日本語習得のスキルは相関があるのか?

ということはないと思いますが、想像するに、相撲界の「旧態然とした日本的しきたり」が日本語取得の上達を早めているのではないでしょうか。

日本語でしか説明がつかないような「無理篇にげんこつ」とかの表現もありますし、日本語使わないと誰も理解できそうもないですし。相撲部屋で生きていくための必須ツールが日本語なのではないでしょうか。

野球選手は試合が終わって私服に着替えたら一般人に戻るけど、お相撲さんは浴衣来て曲げ結ってと、四六時中お相撲さんのまま

これは精神的にきついと思いますが、それを乗り越えると強靱なこころが宿るような気がします。

西欧的論理で説明がつかないようなことも、隠れた機能がいろいろあるのだと思います。
スポンサーサイト