FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
マックでXP
マック上で"Windows XP"が動くソフトがアップル社からリリースされました。

"iPod"で多くのビジネスマンとの接点をつくり、インテル社製のCPUを積んでビジネスユースの世界に切り込んできました。

ビジネスユーザーの立場から見ると、"Microsoft Office"が使えるかどうかにつきると思います。これが事実上のプラットフォーム。そのデータが使えればOSはどうでもよい、というのが実態ではないでしょうか。今までのOSの役割がオフィスソフトにシフトしています。

OSの競争でマイクロソフトが勝ち、ビジネス統合ソフトでもマイクロソフトの勝利。アップルはオフィス用ソフトという新たなOSを捨て、デザインや操作性で勝負します。

ハードとOSによるアナログ領域含めた使い勝手競争に持ち込みたいのがアップル。その戦略に私なんかはちょっとぐらっときております。PC複数台持つんであれば、1台はマックにしたいなと。

人間は「飽きる」動物。みんながトヨタ車に乗っていたり、ユニクロ着てたらへんてこな社会です。それと同様、「昔ってみんなXPとかいう画面で仕事してたみたいよ」と言われる時代が来ると予想しておきましょう。
スポンサーサイト