FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
高級男性化粧品市場のケース
マーケティングの研修に使うために、高級男性化粧品市場のケーススタディを作成しました。弊社若手氏の作品です。

MBAコースでやるようなケーススタディとはちょっと違って、自分で売り場に行ったり試してみたり、使っている人に話を聞いたりして今後の市場性を考えるというアクション重視のプログラムにしております。

ケースの文中に、「15~19歳の男性に対する調査では、『眉の手入れをしている』と答えた人は62.1%に上った」というくだりがあります。

え~っ、ホンマに? と若手氏に聞くと、「高校の時、眉なかったですよ」とアッサリ。

東京オリンピックの前の年に生まれた小生世代は、今の風俗習慣を微妙に経験せずに通り過ぎています。

家でゲームをするという習慣もないし、髪の毛に色付いてるヤツも極めて少数派ですし、ましてや眉をいじるというのは想定の範囲外。

前職で後輩が髪の毛茶色にしてきたときはビックリしたものです。今考えるとその時の私はまだ20代でしたが。

世の中が変わるのは当たり前。でも自分が思う「世界」が変わらないことは結構あります。

自分の中のイマジネーションの中に「今の世界」「将来の世界」のモデルをつくる。これ、マーケティングの第一歩ですね。
スポンサーサイト