FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
ダイエーのリニューアル
最近自転車熱上昇中で、本日も箕面や千里中央などを走ってきました。

化石燃料というストックを消費せずに、人間エネルギーのフローのみを動力とするというのが、何か「自然の支配感」のようなものを感じさせます。自由、自律、自己責任、などの現代のキーワードも連想させます。


自転車散歩ついでに、千里中央でリニューアルしたダイエーの食品スーパーで買い物してきました。

これまでの暗く閑散とした売場とはうってかわって、明るい照明、きれいで統一感のある什器でピカピカでした。ポスターを見ると昨日オープンしたばかり。大層にぎわっていました。

入口付近は昔懐かしい八百屋の雰囲気を出したり、魚売場も何となく市場風の演出があったりと、力が入っているのが分かります。

お店や陳列が綺麗なのは想定の範囲ですが、気にとまったのは「声が良く出ている」こと。体育会的感想ですが。

威勢の良い呼び込み声が、アルバイトだらけのスーパーとの違いを感じさせます。

店作りにおいて、システム化・無人化へ向かう「産業化」とは異なる、「人間の汗」を大事にする意図を読み取りました。本当にそういうコンセプトかどうかは分かりませんが。

機械装置のパワーや情報システムやマニュアルに頼るビジネスはいけません。

人間の汗というフローのエネルギーが決定的に重要であるのは、自転車も小売店も、その他すべてのビジネスにも共通することだと思います。


ところで、妻の感想は「思ったより安くなかった」

これだから商売は難しいですね。
スポンサーサイト