FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
DISCO FEVER
会社帰りにTSUTAYAによってCD2枚レンタル

『DISCO FEVER』
1.ブギー・ワンダーランド(アース・ウインド&ファイアー)
2.おしゃれフリーク(シック)
3.レディー・マーマレード(ラベル)
4.タイトなあの娘(コン・ファンク・シャン)
5.プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック(ワイルド・チェリー)
6.帰ってほしいの(ジャクソン5)
7.セレブレーション(クール&ザ・ギャング)
8.ベスト・オブ・マイ・ラヴ(エモーションズ)
9.恋のサヴァイヴァル(グロリア・ゲイナー)
10.ホット・スタッフ(ドナ・サマー)
11.今夜はブギーナイト(ジャクソンズ)
12.セックス・マシーン(ジェームス・ブラウン)
13.愛の航海(ヒューズ・コーポレーション)
14.ディスコ・インフェルノ(トランプス)
15.ハッスル(ヴァン・マッコイ&ソウル・シティー・シンフォニー)
16.ダンシンング・クイーン(アバ)
17.Y.M.C.A.(ヴィレッジ・ピープル)
18.ラヴ・マシーン(ミラクルズ)
19.アップサイド・ダウン(ダイアナ・ロス)
20.ウィー・アー・ファミリー(シスター・スレッジ)
21.マイ・エヴリシング(バリー・ホワイト)
22.ホワッツ・ゴーイング・オン(マーヴィン・ゲイ)

『DISCO FEVER2』
1.愛のコリーダ / クインシー・ジョーンズ
2.ドゥ・ユー・ラヴ・ミー?/ パティ・オースティン
3.恋のハッピー・パラダイス / チェンジ
4.プライヴェート・アイズ / ダリル・ホールとジョン・オーツ
5.ミラクルズ / ジャクソン
6.ゲット・アップ / ヴァーノン・パーチ
7.イット・マスト・ビー・ラヴ / アルトン・マクレイン&デスティニー
8.ナイト・バーズ / シャカタク
9.レディース・ナイト / クール&ザ・ギャング
10.バッド・ガール / ドナ・サマー
11.リング・マイ・ベル / アニタ・ワード
12.バッド・ママ・シャマ / カール・カールトン
13.サマー・スキップ / フィニス・ヘンダーソン
14.ステッピン・アウト / ジョー・ジャクソン
15.ルック・オブ・ラヴ (Part 1) / ABC
16.イン・マイ・ハウス / メリー・シェーン・ガールズ
17.オール・ナイト・ロング / ライオネル・リッチー
18.さよならは言わないで / グロリア・ゲイナー
19.ザ・ボス / ダイアナ・ロス


はい、ディスコソング(死語?)です。そんな気分でした。ついこの前はハードロックでしたが。

「恋の」とか「あの娘」とかのキーワード入っているのがいいですね。だいたい、英語をそのままカタカナにしてもイメージ湧きませんので、レコード会社の怠慢ですよね。

最近では映画のタイトルも異国の制作者サイドで翻訳してはダメ、とかいろいろ制限あるそうです。『哀愁』『駅馬車』『自転車泥棒』など、日本語になったものの方が心に響くと思います。

上に掲げた曲のどれかにピンとくれば、幅は広くても同世代。ディスコ行きましょう。
スポンサーサイト