FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
機内誌に有効な広告とは
休みを頂いて札幌へ出発。

全日空のマイレージに入っているので国内移動はほとんどの場合囲い込まれています。本日も家族で誕生日割引を使って全日空。誕生日の関係で夏休みは8月後半が定例です。

今月は飛行機の出張が多かったので、機内誌はほぼ読みつくし状態。頻繁に移動する人はきっと機内誌は隅から隅まで読んでいるのではないでしょうか。

何度乗っても繰り返し読んでしまうのが通信販売の冊子。読むたびにピンとくる鞄なんかがあって、潜在需要を作るには良いメディアだと思います。

通信販売ではないメインの冊子には、いろいろな企業の広告が掲載されています。一般には知られていない産業財の企業もいくつかありました。

そこで気づくのは、単なる企業紹介広告ではもったいない。機内誌で効きそうな広告はズバリ「人材採用」。新幹線よりは中途半端な時間で、それなりに時間つぶしが必要な場が飛行機。時間もてあまし気味なので良い場面だと思います。

ということを考えつつ、気温22度の千歳空港に降り立ちました。
スポンサーサイト