FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
新幹線の流れるニュース
新幹線で東京出張。

新幹線では、電光掲示板に流れるニュースに目がいきます。短い言葉(字数制限あり?)の中に、必要な情報を埋め込まれていて、文章作るの結構大変だろうなあと思います。

途中JRや他の企業の広告文が入るのですが、こちらは「ですます体」で、「快適」とか「便利」などのお化粧言葉が散りばめられています。ニュースのトーンと全く違うので、広告になると目をそらしてしまうことになります。

広告文の媚びを売ったような言葉がどうこうというより、文章の中の「情報の密度」の差がそうさせるのだと思います。ニュースの電報的表現に比べて、冗長な話し言葉に近すぎる、ということが新幹線内の広告文の問題です。

もっと事実を簡潔にまとめ、筋肉質な言葉にした方が、広告としても注目してもらえると思います。
スポンサーサイト