FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
日経経営セミナーありがとうございました
大阪の日経経営セミナーにて「営業マンのマーケティング能力向上」というお題でお話させて頂きました。

マーケティングという言葉は捉えどころがないけれども、事業の全体骨格を掴んで自分の仕事の役割をはっきりさせ、細々とした日々の出来事に心が左右されない考え方の軸をつくること、ということを伝えたかったのですが、どうだったのでしょうか。

自分自身、前職で営業部門で仕事をしていたとき、売場取りの提案や商品手配や掛け率交渉など、実に細々とした仕事の集積としか考えられなくて、仕事意欲が湧かなかったことがあります。そのときにこういう考え方できたらもっと楽しく良い仕事ができたのに、という反省が今の仕事の背景にあります。

経営者的なものの見方、未来に対して仮説を持つ力、仕事に好奇心を持てる力とは何か、という当時の謎を紐解いてきたのが、これまでの道のりだったような気がします。もちろん、「正しい」答えが出るような性質の問題ではありませんが、そのときどきの仮説を持つことが大事ですね。

「市場」という変幻自在でやっかいだけれども、結局は人間同士の営みであるもので、どういう考え方をしていけば元気を出して仕事ができるのか、ということをこれからも考えていきたいと思います。

本日ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト