FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
ペリエを晩飯の共にする理由
昨日の焼肉(というよりニンニクの大量摂取)のせいで、胃が重たい1日に。

こういうときの晩飯のお供は「ペリエ」。ぴりっとした炭酸で、口-食道-胃袋を爽やかにしてくれます。このところずっと、ネットでまとめ買いをしてストックしてあります。ここが1番割安と判断してますが、もっと安いところ知っている方、教えてください(^^;)。

飲み始めたのは、毎日飲んでいたビールを減らそうという動機から。ノンアルコールビールというのは不味そうなので、飲まず嫌いでパス。炭酸の喉越しを求めて「ペリエ」に行き着きました。

「サンペレグリノ」という銘柄を買ってたこともあるのですが、ちょうどいいボトルサイズがないのと、ペットボトルのを買ったときガスが抜けてたので却下。

従いまして、「お洒落な食卓」がコンセプトではなく、「ビール代替品」というのが小生の「ペリエ」の位置づけです。健康ブームの中、新しい食卓ライフの先鞭と密かに思っております。

実はわが家では「ペリエ」に強力なライバルが出現しております。これについては、機会を改めてまたご紹介したいと思います。
スポンサーサイト



焼肉『空』道頓堀店
昨夜はプロジェクト打ち上げで「焼肉『空』道頓堀店」へ。

焼き肉は盛り上がるなあ。肉を火にあぶって食らうというのは野生的で元気になりますね。

同じ囲み系でも鍋とは大違い。鍋は全体の材料が分かっているので「配分」という調整行動が入るし、入れる順番に掟があって若干の拘束感あり。予定調和に向かって収束していきます。

それに比べ焼き肉は自由ですね。適当に並べて個人の好きな焼き加減で食べられる。取りあえず目の前の肉を平らげてから追加注文を検討するという、無方向性も良し。

2時間の時間制限ありましたが、1時間半で満腹。玄関に行列できてて人気の店でした。美味しかった!

2次会のバーで"Crown Royal"というカナディアン・ウイスキーを初めて飲んだけど気に入りました。本日より定番はマッカランかこれですね。