FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
プロ野球がつまんないわけ
久しぶりに早めに帰るとプロ野球のオールスターゲームをやってました。

テレビ朝日系の放送でしたが、それがつまんない。解説の東尾さん、個人的には好きで京都のカラオケでお会いしたこともありましたが、喋りはもう一つ。

アナウンサーがいて元名選手の解説者がいて、という昔ながらのパターンはそろそろ賞味期限切れですね。巨人戦の視聴率が落ちて、プロ野球がつまんなくなったと言われていますが、原因はテレビ局の努力不足だと思います。

球団は球場に足を運ばせる努力をし(もちろん球団格差ありますが)、セパ交流戦という新しい取り組みもある中で、テレビ局だけが無策。中継中に他の番組の宣伝する前に、プロ野球をどのように娯楽のパッケージにするかを考えるべき。

サッカーは、Jリーグと代表があって、Wカップというドキドキもんの一発勝負もあり、話題にバラエティーあり。フォーメーションがどうだとか欧州組がどうだとか、グローバルな話題とリンクしている知的遊戯性もあり、「情報処理型」エンターテイメントになっています。

方やプロ野球番組は長島や王でもっていたスーパースター依存型システムのまま。大選手を映していればよいという、猪木や馬場が全盛のプロレスと一緒ですね。

野球はサッカーとは違って、1対1の格闘技的な要素が強い競技ですから、人気の格闘技の演出をもっと取り入れると良いと思います。

この選手はいかに子供の時から天才で、ぐれた時期もあったけど運命的な恩師との出会いで才能が開花したとか。リタイアした解説者から選手を子供扱いした喋りを聞くよりは、子供があこがれるヒーローとして表現した方が絶対に楽しい。

堀内がどうしたとか原がどうしたとか、永田町チックな情報発信だけじゃあ見限られます。
スポンサーサイト