FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
Brita アルーナ 1.9L
浄水ポット「Brita アルーナ 1.9L」を買いました。茨木のサティにて。前から欲しかったのですが、キャンペーンで山積みして安売りしてました。アマゾンより安かったのでラッキー。

通販生活には別なメーカーの浄水ポットがお奨め品として出ていましたが、デザインがイマイチでパス。

ここのところおいしい水が飲みたい、という欲求がありまして、大層な浄水器つける予算もないので、これに注目。機能面はこれからチェックですね。

フィルターの買い換えでランニング需要を稼ぐ典型的な「インストールモデル(機器を比較的安く買ってもらって消耗品で稼ぐビジネスモデル)」で、買い換え促進のために、買い換え時期を記録しておくダイヤル式のカレンダーが付いています。

左側のダイヤルは「月」で01から12までをクルクル回して設定。標準2ヶ月後とのことで、「09」に設定。

右側は「日」の設定をするのですが、何とダイヤルにある数字は次の並び。

01
04
06
09
11
14
16
19
21
24
26
29


深い意味があるのか、高等な数列か。説明書に「5日」にしたいときは「6」にしてくれとか何とか、意味不明のことが書いてあったのはこのこと。

よく見れば数字が12個で、「月」のダイヤルを共通部品とするための苦肉の策ですね。

涙ぐましいコストダウンか、ドイツ人には響くシャレか。細部の違いがお国の違いを感じさせます。
スポンサーサイト