FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
Four Roses
夜8時半過ぎから喫茶店で本日最後の打ち合わせ。以前の私ならいくら仕事とはいえ絶対ビールを飲んでた時間ですね。休肝日もほとんどない日々が長かったですが、ここ数年は全く飲まない日も増えました。

堂島の地下街を歩いていると、"Four Roses"のポスターが目に付きました。懐かしいなあ、バーボン。20代の時は流行ってましたね。バーやスナックでは"I.W.Harper"かそれでした。"Wild Turkey"や"Jack Daniel's"はまだ高かったですし。

初めてハワイに行ったとき、免税店で買った"Maker's Mark"をありがたがって飲んでおりました。バーボンはある意味格好良さの象徴のところがあって、「洒落ている」「遊びなれてる」というキーワードが紐ついていたように思います。

今飲んだら「変わった味」と思うんでしょうね。広告見ても飲みたいとは思わないですし。

一緒に歩いていたはまぐちさんによると、セブンイレブンには広告に連動してずらっと並んでいるとのこと。広告が昔飲んでいたオジサンをターゲットとしているのか、新たに若者を取り込もうとしているのか、どうなんでしょう。

酒飲んで馬鹿騒ぎしてたころがすごく昔のような気がします。太平の世から、ピリピリした「有事」の雰囲気漂う社会にいつの間にかなってしまいました。多分、今が普通で、当時は高度成長の残像が残った、類い希に穏やかな時代だったのだと思います。
スポンサーサイト