FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
『数学の不思議』
ばたばたと忙しくなってくると、仕事と全然関係ない本が読みたくなります。

、『数学の不思議』という本を買いました。

数学の不思議―数の意味と美しさ
カルヴィン・C.クロースン 好田 順治 / 青土社

数学には最近興味を持っていまして、常に何かしらの本を抱えています。読んでもよく分からないことが多いのですが、その分からなさ加減が良いというか、何と世の中には天才的な思考をする人がいるもんだ、という驚き感が良いというか、はまっています。

数学と哲学が密接に関係しているというのも何となく分かるような気がしてきております。それを説明する力量はありませんが・・・。

買ったばかりで、今のところ電車で数ページしか読んでませんが、わくわくしております。数学にわくわくするという感じは学生の頃には皆無でしたね。40超えたオヤジがこういう気分になっているのをそのときの自分が見たらどう思うのでしょうか。

きっと何も感じなかったでしょうね。人間、いろいろと変化するもんだと自分が結構驚いています。

スポンサーサイト