FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
MBAは役に立たない?
4月10日(日)の午後に、神戸大学社会人MBAコースの2003年度入学生による優秀修士論文発表会を行います。

ばりばりのビジネスマンによる先端事例研究で、同窓会組織の恒例行事です。世話役の一人として、当日は準備から参加させて頂きます。

かっちりした修士論文を書く、というのが神戸大のプログラムの特徴の一つです。特定のテーマに対してリサーチをして、先人のセオリーを踏まえつつ深く考え、文字にするという作業は、私の今の仕事の基礎になっています。

MBAコースはブームになっている反面、実際の仕事には役立たないと言われることも多くなりました。確かに、優れた経営者になるための必須のものか、といわれると全く違うと思います。仕事をうまくやりたい、仕事の成果を出したいという目的にはあまりそぐわないと思います。

それでも、私は非常に良い経験をしたと思っています。仕事に対する疑問を考え抜き、仕事の意味を考えたいという意志は人間としてきわめてまっとうなことだと思います。仕事で成果を上げるということを超えた、大げさに言うと人生の意味を考える場だったと思います。

現在のMBAブームは、決して単なるファッションではなく、仕事に積極的な意味を見いだしたいという願望が現れていると思います。

スキルは仕事で磨きましょう。ビジネスをいろんな視点で考え、世界を広げたい人にMBAコースはお奨めです。特に神戸大、抜群だと思います。
スポンサーサイト