インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『マジすか学園』とビン・ラディン
深夜たまたまテレビをつけると、AKB48の学園ドラマ『マジすか学園』の新シリーズがやっていた。

女子高生が教室で焼肉焼いたりとハチャメチャな話だが、天才秋元康の企画ゆえんかなぜか見てしまう。

ストーリー全編、アイドルタレントたちがボコボコの喧嘩三昧。

主人公の前田敦子は普段はおとなしい転校生だが、喧嘩になるとめっぽう強くなる。

この世界では、喧嘩に強いことが人を服従させるパワーの源である。

この組織原理はとても原始的だ。

人間の歴史は戦争の歴史と呼ばれるだけ合って、戦に強いものが社会を牛耳るというのが普通であった。

現代社会では建前としては否定されているが、心理の奥底にはこのような原理が根付いている。

昨日、オバマ大統領はビン・ラディン暗殺の声明を出した。

「正義」が勝利したと宣言した。

記者会見は英語なのでなんとなくしか分からなかったが、穏健派キャラのオバマ大統領が堂々と「暗殺に成功」したことを表明する姿にある種の畏怖を感じた。

国際法的にどうなのかは分からないが、ある国の暗殺部隊が他国で一個人を有無を言わさずに殺し、これが正義だと胸を張るのは論理的とは言えない。

論理を超えた暴力的手段を講じたことで、オバマ大統領へのまなざしは変わり、権力の厚みは格段に増したように思う。

しかも「いい人キャラ」との落差。

タイガーマスクの伊達直人もそうだが、おとなしい人ほどこの落差による「暴力効果」は大きい。

暴力を使いそうもない人が、決定的な場面で論理を超えて暴力を用いてヒーローの座を獲得する。

そう、これはまさにAKB48のドラマの構造である。
スポンサーサイト
ロイヤル・ウェディング
王室に嫁ぐことになったとリアルに想像してみよう。

まず、嫁ぐかも知れないと世に知れ渡った段階でほぼ自由はなくなる。

世間に顔は知られ、マスコミは追いかけられる。

牛丼が食べたくなってもカウンターに座るわけにはいかない。

誰かに買ってきてもらうしかない。

嫁ぐかも知れない状態なるよりも前、なにかしらのお付き合いらしきものが始まった段階でも窮屈だ。

素行は調べられ、偏った考えの持ち主でないかどうかが確認され、致命的な落ち度があればやんわりと疎んじられる。

親しみやあこがれを感じる心と、自由を犠牲にする負担との板挟みになる。

プライベートが減少し、公の存在になっていくのだ。

適当につぶやいていたツイッターも、○○が嫌い、とは迂闊に言えなくなる。

というかツイッターはやめた方がよい。

何かしらの意見が単なる70億人分の1ではなくなる。


と、一通りイメージトレーニングをした後で我が身を振り返ってみよう。

自由に何でも発言できるかというと、社会的な存在である以上、そんなわけにはいかない。

実名でフェースブックやツイッターをしている限り、何かしらの制約を自らに課して発言している。

獣のような自由さと王室に嫁ぐ身の不自由さの中間地点に僕らはある。

問題は、そのバランスがどんどん不自由側にシフトしていることだ。

ブログだろうとツイッターだろうと発言はパブリックなもので、かつ痕跡が残る。

親しいツレに発信しているつもりが仕事の関係者に伝わり、印象を左右する。

そしてそんなことを気にし出すと、途端にオモロナイ発言ばかりになる。

政治家の失言や、東電の広報係の味わいのなさを無邪気に笑えなくなる。

自分自身の広報戦略が要るようになる。

コミュニケーション手段が豊かになった現代の新たなお作法が必要になる。


なにはともあれ、ご結婚おめでとうございます。

さわやかなカップルに乾杯。
大人の思考
子供の頃、宇宙の果てはどうなっているのか考え出したら怖くなって眠れなくなったことがある。

太陽がいつかは燃え尽きて人類が滅びることを知って絶望的になり、いてもたってもいられない気持ちになったことがある。

大地震が起こって地割れが起こり、誰も彼もが飲み込まれるという想像で不安がいっぱいになったことがある。

歳をとり、大人になると自然とそういうことは考えなくなる。

そういうことは滅多に起こらないという確率に対する信頼感、考えても仕方のないことは考えないという思考の技法を身につけるからだ。

論理的には起こりうることでも確率が低いものは起こらないと見なし、可能性が高いことに思考と行動を集中すること。

自分の現実に影響を与える重要なものから優先的に考え、それ以外のものは敢えて気にしないようにすること。

この二つの思考ができるようになることが、すなわち大人になることだ。

今回の大地震に際し、テレビやネット、ツイッターなどで大量の情報を摂取している。

阪神大震災のときは携帯電話もインターネットもまだ黎明期だった。

情報の絶対量ときめ細かさは当時の比ではない。

それだけに、気にしてもどうしようもないことが気になり、気分が滅入る。

正直、被災地に対してできることは、義援金を出すこと以外にはほとんどないのだが、何もできないと思っていること自体に後ろめたさを感じている。

ここは一つ、大人の鉄則を思い出し、自分の生活、自分の仕事に集中して、当面関係しない情報は意識的にスルーすることを心がけなければいけない。

ちゃんと仕事をし、飯を食い、適度に酒を飲み、颯爽と歩き、笑って子供を見送る生活を意識的にしなければならない。

それが大人としてちゃんと生きることだ。
ソーシャル・ネットワーク
映画『ソーシャル・ネットワーク』を見る。

ご存知facebookの創業者が主人公である。

正直ビジネスものは盛り上がりにかけるだろうなと期待していなかったが、どうしてどうしてなかなか面白かった。

面白かったが、この後味は何かに似ている。

これは時代劇だ。

”成功”するのが分かっているので勧善懲悪の時代劇に似て、予定調和的な平坦感が否めない。

時代劇がだめだということではなくて、時代劇だから記憶に残るということもある。

エンターテイメントとしてはうまく作られている。

ビジネスはある決まった論理に従って動くので、主人公は暴れん坊将軍やターミネーターのようなロボット的キャラを演じざるを得ない。

映画のターミネーターが秀逸だったのは、シュワルツネガーがロボットで、周りの人間を主人公にしたことだ。

そこに弱さのある人間ドラマを描いたのだ。

そういう意味で、共同創業者のちょっとせつない男目線のストーリーの方が面白かっただろう。

こう考えると、魅力ある人間はビジネスがあんまりうまくいかない奴ということになって、ビジネスパースン的には複雑である。
食糧自給率
宋文州さんのツイッターで気づいたのだけど、日本の食糧自給率向上政策を疑い始める。

TPPやFTAといった自由貿易連携の障害に食糧の関税問題がある。

農産物の関税を下げないので、報復的に日本の得意な工業製品の輸出が妨げられている。

知識人っぽい人たちはどうも自給率向上政策には反対の論調が多い。

そもそも規制をかけるなんて自由主義の精神に反するという規範的価値もどうやら入っている。

一方で最近飲んだ立派な企業の友人は、食糧は大事だから安易に解放すべきじゃないと言っていた。

賛否両論あるし、当事者には当事者の事情があるし、門外漢がおいそれと口が出せない話なのだろうが、日本人の経済活動に大事な話なのでにわか勉強したことを記す。

論点は、
①そもそも自給率が低いのかという問題
②食糧安全保障の問題
③国内農業の保護の効果
と理解する。

根本的に①はかなり議論があるようだ。

農水省が示す日本の自給率は40%で先進国最低水準なのでイカンという見解。

ところがこれはカロリーベースという独特の指標を使っており、これがくせものという批判だ。

『日本は世界5位の農業大国』(浅川芳裕著、講談社)によると(読んでないけどこちらの受け売り)生産高ベース(こちらの方がピンときますね)では66%で別に見劣りしないそうだ。

畜産物は飼料が輸入だと自給にカウントされないというカラクリもあるらしい。

そんなこと言い出すと、そもそも自給率の低い日本人が栽培した作物も自給にカウントしないとか大変なことになりそうだ。

何とかスコアを低く見せたいための策略じゃないかという指摘だ。

この指標の問題は専門家の方々にちゃんとして欲しいところだが、そもそも自給率が低いことが悪いのか、という根本問題がある。

そこで「②安全保障」の懸念になる。

食糧の輸入先と紛争が起こったり、異常気象や供給国の人口爆発で世界的に供給不足になったら食べるものに困るでしょ、ということだ。

石油やレアメタルはもともとないものなので輸入に頼るのは仕方がないが、食糧くらいは外国に頼らず、籠城責めにあっても暮らしていけるようにしようと。

これも石油や肥料の輸入が止まってどこまで農業が可能だと思ってんだ、あほちゃうか、という批判的意見がある。

ま、日本は北朝鮮のように孤立したらそもそも生きていけないので、それは政治的にあり得ない。

そこまでいかずに食糧の輸入先とケンカするシナリオがどこまであるかだが、のんびり暮らしている日本人にはイメージできない。

国民対象のアンケート調査では、自給率が高い方がよいとの結果出ているが、そりゃそっちの方がベターと言うことで、トレードオフを前提とした意思決定の情報にはなり得ない。

どうも安全保障としての論陣も分が悪いようだ。

食糧安全保障という大それた問題じゃなくて、輸入解放したら農業壊滅するよ、という保護的な③の見解もある。

これは、産業としてダメになって取り返しが付かないという経済面の議論と、安い外国もんに席巻されて日本の食文化がだめになるという懸念がありそうだ。

でもどう考えても有機農法とか産地直送とかに関心が向かっている日本の消費者が、安いだけで外国産になびくわけがない。

加工食品メーカーだって、リスク回避のために購買先を分散するだろうから、全量を輸入に頼るとは思えない。

日本国内でものを食べる消費者がいる限り、日本の生産地は一定の立地的な競争優位があるだろう。

しかも日本人は不味いものは嫌いなのだ。

ということで、にわか勉強の結果、関税を高くして食糧自給率を高める策には賛同できないという仮説に至った。

しかしこれ、ここに挙げたような論旨で普通に考えたら同じ結論になるはずだ。

賢くてよく分かっている日本の政府が考えると違う結論なるということが驚きだ。

きっと何か議論に欠落している重大な要素があるに違いない。

選挙の票集め?

農水省が自己保身のために危機を煽ってるだけという、分かりやす過ぎる話だったら相当怖い。
ベテランは復活しないのか?
期待の新人にマウンドを託す。

前評判も高く、ビッグマウスも功を奏して人気抜群。

未知数であるが故に期待も大きい。

新人の勢いを前にして、長年エースの座を守ってきたベテランはローテーションからはずされる。

満を持して登板した初戦、あっけなく打ち崩される。

まあ、最初だから大目に見よう。

コースが甘く入っただけで、いいところもあったじゃないか。

切れ味鋭い変化球で「一番」を空振り三振をとることもあったのだから。

ところが次の登板もその次の試合もことごとく滅多打ち。

ファンは愛想をつかして観客数も激減。

そんな新人でも監督は新人を使い続ける。

なぜって、二軍落ちしたベテランがまったく実戦から遠ざかり、復調しないから。

一軍でキツイ仕事するより、のんびり二軍も悪くない。

復活のチャンスを前にして、ブルペン暮らしが板に付いてしまった。


民主党に政権を預けたとき、ひょっとしたらうまくいかないかもね、とみんな思っていたはず。

一種の賭けであったわけだが、実力は既に見えてしまった。

問題は次のマウンドを託すはずのもう一つの二大政党。

ここまで相手がこけているのに、まったくプレゼンスがない。

エースの座をつかみ取ろうとする姿勢が見えない。

こんなとき、監督はどうするか。

え?外人ピッチャーの獲得?

それはいかんやろ。。
リングと場外乱闘
あいつなんか軽いジャブとボディだけでノックアウトできるよ、と試合前のボクサーが言う。

翌日の試合で、本当にジャブとボディだけでKOしたら拍手喝采。

ま、相手が相当弱いということだ。

そんなことはあまりない。

実際にはクリンチしたり逃げ回ったりで、ようやく判定で勝っても勝ちは勝ち。

たいていの試合は事前の舌戦とは違って、真剣勝負の尊さがある。


「個別の事案についてはお答えを差し控えます」
「法と証拠に基づいて適切にやっております」

法務大臣が国会答弁はこの二つで済むと発言して辞任に追い込まれた。

そういう手の内を明かしたことが、国会をなめていると糾弾された。

実際の答弁にダメだしされたのではなく、答弁に挑む心構えがダメだということだ。

尊いリングをなんだと心得取るんじゃ!ということだ。

ナメとんのか、こらぁ!ということだ。

では実際のところ、国会というリングではどのようなパフォーマンスだったのだろう。

本当にこの二つしかロボットのように話さなかったのか。

この二つで国会が乗り切れたとしたら、相当相手が弱い。

すなわち、野党の力量が著しく低いということだ。

嘆くべくは法相の答弁ではなく、対抗できない野党議員の技のなさだ。

国会をリスペクトするというのは、国会の議論の質を上げることだ。

そこが語られずに、リングでの戦いぶりが顧みられずに、場外乱闘で葬られたようなものだ。

リング上で何が起こっていたのか、だれが真摯に答弁をして、だれがちゃらんぽらんなのか。

そこのところを(決して皮肉ではなく)見識あるマスコミさんに報道いただきたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。