FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
ベネッセ アートサイト直島
金曜日より、大学院仲間および先生と岡山・直島方面に旅行。

工場見学やゼミナールの付加価値の高さは当然。

宿泊は「ベネッセ アートサイト直島」。

美術館と一体となった安藤忠雄氏の建築である。

なんと、氏もちょうど宿泊されていた。


部屋にテレビはない。

まわりにはほぼ何もない。

否が応でも、現代アートと密接に関わることになる。

難解な現代アートだが、ガイド付きツアーで自分なりに腹に落ちた。

まず、表現するテーマ、意味が多様である。

時代背景や社会の問題に強くリンクしている。

もう一つの特徴は、表現方法、アイデアの広がりがあること。

絵は額縁の中に収まらず、絵の向かい側にある窓の外の風景と連動している。

あるいは、外に写真を掲示し、写真の水平線とその向こうにある実際の水平線が一直線になっている。

さらに、目の錯覚を利用して、白い壁をオレンジ色に見せる。

「作品」と環境の境目が曖昧になり、むしろ曖昧なほど面白い。


現代アートが扱うテーマは、企業の経営課題とかなり近い。

アーティストはアートで問題意識を喚起し、人々の行動の踏み台になる。

経営はマネジメントでビジョンを伝え、人々の行動を誘発する。

アートと同様、表現の工夫がいる。

ただ紙に書いて配るだけ、壇上に上がってしゃべるだけ、では昔ながらの陳腐な作品だ。

こうきたか、というアーティストの挑発と同様、経営者のアートが待たれている。
掃除
机の上の整頓は苦手である。

掃除も、できるならやりたくない。

小学校でも中学校でも掃除はさぼりがちであった。

それでも、たまには思いついたように掃除を始める。

やり始めたら結構凝り性なので、隅々まできれいにする。

それはきわめて「まれ」なので、通常は散らかったままだ。


中国は、その「まれ」な瞬間が欠如している。

汚いところは徹底的に汚いままだ。

誰かがこれではいかん、と片付け出す瞬間が過去から未来にかけて永遠に訪れないと確信できるような場がある。

でも、それが過去から綿々と受け継がれた文化とも思えない。

社会で共同生活をしていれば、不快な状況を放置しておくのは不合理なはずである。

町内会のうるさ方が、自分で片付けなくとも、役所に文句を言うのが世の習いである。

そうでないとすれば、文句を言わない、荒れた環境に適応してしまう受動的な態度が身についているということになる。

しかるに、この状況は共産主義の影響であるとの仮説に至った。
トヨタハイエース
10人が一つの車で移動するために、トヨタハイエースをレンタカーで借りていただく。

北九州に来ると、運転することもなく、完全お客さんモードで楽をさせていただき、感謝。

ハイエース、さすがにでかい。

シンプルなワンボックスで、無駄なものは一切ない。

10人が余裕を持って乗ることができる設計は、一種の機能美を感じさせる。

これぞ、トヨタの真骨頂。

この車に機材を詰め込んで、仲間とともに仕事に繰り出したい気分になる。

戦闘車である。

この車をチョイスする時点で、大人数のクルーの存在と、明確な目的を意識する。

余計な装飾抜きで、全くの道具として脇役に徹する車の美学を感じる。
ひかりレールスター コンパートメント
三連休を利用して北九州の実家に里帰り。

ひかりレールスターコンパートメントを初体験。

家族4人にうってつけの個室。

外からはファミレスのボックスみたいで窮屈に見えてましたが、子連れには十分な広さ。

周囲に気兼ねなく馬鹿な会話ができるので楽ちんですね。

扉の上下が解放されているので、完全個室ではありませんが、かえって開放感があります。

会議にも宴会にも使えますね。

馬鹿騒ぎは迷惑ですので注意しましょう。

でも「下関ふぐ料理宴会パッケージ」とかは、鉄道事業の商品開発としてはありかも。
札幌ドーム
札幌ドームに行きました。

外観は、展望台がにょきっと出ていて、どうだかなあという感じだが、中は綺麗!

ここと比べると甲子園はぼろいなあ。

全体的な雰囲気が市民に愛されているようで、その点で大阪ドームとは違う。

ここは日本ハムとコンサドーレ札幌のホームであるという、その誇りを感じます。

大阪ドームはそれがないですね。

驚いたのは、野球用の人工芝と、サッカー用の天然芝を入れ替えられること。

1日がかりで入れ替えるそうだが、その仕組みは驚き。

きっとこれを設計した人は、技術者冥利につきたのではないでしょうか。

こんなこと考えるのは日本人ぐらいのように思います。

機械がさび付かないようにメンテナンスするの大変だろうなあ。

甲子園のように70年、80年と歴史を刻んで欲しいと思います。

フリーフォール
久しぶりにちゃんと休みを取って家族小旅行。

淡路島に渡って、明石海峡大橋のふもとに泊まって、姫路セントラルパークへ。

いずれの行程も、密集したモールかラックに飛び込んでくちゃくちゃになるがごとくの大渋滞。

本日の姫路セントラルパークは、小生にとっては2度目。

1回目は大学出たての新入社員の時の会社のリクレーション。

そのとき女子社員に誘われながらもパスしたのが「フリーフォール」。

垂直に自由落下するやつ。

子供がどうしても乗りたいというので同乗する羽目に。

エレベータの前面扉がないような箱に乗せられて垂直に上昇。

これが下から見ているよりかなり高い。

てっぺんに行って、箱が前にせせり出る。

親子で気合いを掛け合うまもなく落下。

みぞおちあたりに全身が収縮した感じを伴いつつ、訳が分からないうちにブレーキのGを感じて、寝そべった状態で停止。

声も出ない。

腰が抜けたような感じ、とはこういうこと。

かくして、20年前のリベンジ終了。
インタビュー
札幌駅でuhb局のインタビューを受ける。去年に続いて帰省ネタの素材になること2度目。

小学生と幼稚園の娘二人というのが絵になりやすいのか。

でも気の利いたこと言えなかったなあ。ショートコメント準備すべきだったなあ、去年のブログでそう言ってたのになあ。

放映される可能性は極めて小さいです。大阪に帰ってきたので確認できませんが。

家に帰ってニュースで採用されているコメントをチェック。

さわやかに普通のことをいうのが鍵。「明日から仕事だと思うとうんざりです」とか。

もちろん、笑顔を欠かさずに。